満員御礼!◎4月28・29日映画「かみさまとのやくそく」自主上映会

 

  おもいだして

  いちばんさいしょの

  なつかしいぬくもり

 

胎内記憶と子育ての実践、インナーチャイルドをテーマにした

音楽もナレーションもないドキュメンタリー映画です。

胎内記憶の聞き取り調査や子育ての実践、

内なる子どもへの自己肯定ワークの過程を、

カメラは丁寧に見つめます。

体内記憶、インナーチャイルドをご存知の方も、そうでない方も、

このドキュメンタリー映画から大切な何かを感じ取っていただければ幸いです。
cropped-Header3

 

胎内記憶とは?
お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、その前の記憶のこと。
2~4才の子どもたちが話すと言われています。

インナーチャイルドとは?
あなたの内なる子ども。心の深奥部に潜み、幼児期の体験によって
傷つけられたり抑圧されたりしている、真の自己のことです。

映画「かみさまとのやくそく」公式サイトより

 

~スケジュール~   

日程:4月28日(火) 
 参加費:大人1,500円、小学生~高校生 500円、未就学児童 無料 
 定員:各回大人15名
 *お子様の人数によって定員を調整させて頂く場合がございます。

*午前の部  満席になりました。 ありがとうございます!

 開場: 9:30
 上映: 10:00~12:00 映画114分
12時から13時までランチやおやつの販売をいたします:
                    オーガニック弁当 1,200円(予約制)、
                  天然酵母パン        350円~、
                  植物性おやつ        120円~

28日スペシャル企画♪ 

「たいわ士」平野真理子さんとのお話会 

 生まれる前のこと覚えてる?

 おかあさんのお腹の中にいたときどうだった?

 胎内記憶の聞き方など
  気になることを質問もしていただけますよ。
  映画の後に、映画の前に・・・是非ご参加くださいね!

  時間:13:00~14:00 (ランチを食べながらでも!!)
 参加費:1,500円(オーガニックティ付き)
 *お子様とご一緒にご参加いただけます。

*午後の部
 開場:13時半
 上映:14:00~16:00 映画114分  

 お申し込み・リクエストはこちら

*「ランチ」&「たいわ士さんとのお話会」のご参加の有無の明記もお願いします。

*****************************

日程:4月29日(水)
 参加費:大人1,500円、小学生~高校生 500円、未就学児童 無料 
 定員:各回大人15名
 *お子様の人数によって定員を調整させて頂く場合がございます。

*午前の部 満席になりました。 ありがとうございます!
 開場:  9:30
 上映: 10:00~12:00 映画114分
 トーク交流会(無料)&ランチ:12:00~14:30

ランチ(予約制):1,200円

*午後の部 満席になりました。 ありがとうございます!
 開場:16:30
 上映:17:00~19:00 映画114分
 トーク交流会(無料)&ビュッフェ&ライブペインティング:19:00~21:30
 参加費:ビュッフェ&ライブペインティング 
      3,000円(1ドリンク付き、アルコールでも、アルコールでなくても)

 

29日スペシャル企画♪ 

☆ビュッフェ担当:Akiかふぇ店主&もぐもぐカフェ店主

  映画のシーンをお食事にします。

  観た方には解る!

    そんなごはんです。

 

☆ライブペインティング

  かみさまとのやくそくの上映後、

   映画のインスピレーション元に、

   ガラスにペイントしていきます。

   どんな絵が描き出されるのか?

   当日お楽しみに☆

   担当:山本真由美

 アーティスト、グラフィックデザイナー、イラストレーター

   メーカー、印刷会社、広告代理店のグラフィックデザイナーを経て、フリーランスで活動中。

   絵、イラストも描く。

   ふっと湧き上がる思いの断片を日々drawingしています。

  

 お申し込み・リクエストはこちら! 

*「ランチ」&「ディナービュッフェ」のご参加の有無の明記もお願いします。

****************************************

『かみさまとのやくそく』(2013年/日本語/114分)
出演:池川明、南山みどり、大門正幸、飛谷ユミ子、かがみ知加子 他
製作・撮影・編集・監督:荻久保則男
制作:『かみさま との やくそく』実行委員会

監督メッセージ

この作品は、私が作った気がしないのです。
なにか、大いなる力によって導かれ、完成させていただいたとしか思えないのです。
すべての人に思い出してほしいのです。
あなたは皆に愛され、祝福されて生まれてきたのだということを。
そしてあなたは、あなたが選んだお母さんを助けるために、
人の役に立つために生まれてきたのだということを。
赤ちゃんたち、こどもたちの声に耳を傾けると、幸せへの近道が見えてきます。
自分はひとりぼっちだと思っているあなたの中にも、実は純真な子どもが住んでいます。
だからあなたにも心躍らせて映画の中の子どもたちと共鳴してほしいのです。
そして、あなたの身近にいる子どもたちにも、あなたの中に住む子どもにも、
優しい思いをシェアして、抱きしめてあげてほしいのです。

監督 荻久保 則男